管理者

授業支援は勉強を教えてもらう側の人達だけでなく、それを指導する先生や親にも非常に便利なシステムです。ネット上で全てを対策していけるために、これまで印刷して配っていたプリントが不要になります。つまりはなくすこともなくなりますし、必要であれば親達にも授業の進捗状況を伝えられるようになっているのです。
ネット環境があり、全ての連絡を口頭だけでなく、生徒のメモにたよるだけでなく、しっかりとメールを通して伝えられるようになっていますから、欠席した人がいても連絡が滞ることがありません。
更に、台風などの災害が発生した場合でも、連絡網のような手段を利用せず簡単にメールでお知らせすることも可能なのです。

ただでさえ学校は先生から生徒へ、そこから親へという伝言ゲーム状態になっていました。そのために連絡がうまくいかないことも多かったのです。そんな手間もこの授業支援が利用されれば解決できるようになっていきます。
事情があって投稿できない生徒がいたとしても、タブレットに少々付属品を加えるだけでテレビ授業を行うことも簡単になります。
自分の成績管理や連絡などもすぐ行えるようになっていますし、この授業支援がもたらす利点は単純に授業のしやすさだけではないのです。

当然、全てのデータを学校側もネット上で管理できるようになっていますから、これまででは見えなかったようなデータを集計し、授業支援によってより良い環境を作ることに役立たせられるようになるのです。