ポータル

これまでどれだけ努力をしても、所詮勉強の場所は学校と家庭の2つに分かれていました。家庭で学校のフォローができれば問題ありませんが、それは家庭環境や金銭的な状態によって変化します。
それにより、同じように成長していた子供でも学力に差が発生したり、理解できないまま勉強が進んで置いてけぼりにされてしまったりする子供が後を絶ちません。
大人になってからならば、自分でなんとでもすることができます。しかし、まだまだ学校での勉強が必要な子供がその状況になると、モチベーションの低下や勉強自体への嫌悪感が生まれるようになります。

そのようなすれ違い、ミスマッチをなくすことにも授業支援は非常に長けています。タブレットとネット回線を利用し、授業支援によってデジタルで勉強をすることができるということは、先生がいつでも対応できるような状態が整っているといえます。
勿論、先生は24時間無料サービスではありませんから、中々完璧な対応とまではいきません。しかし、子供にとってはいつでも質問しやすく、常に教えてくれる人がいる、聞ける場所があるということが大きな助けになるのです。
更には、この授業支援によってタブレットを利用した授業をすることで、これまでプリントを配布する場合にかかっていたコストもなくなる上に、プリントを無くしてしまった!などという凡ミスも防ぐことが可能なのです。
こうして授業支援は様々な場所で様々な形で人の生活や勉強する場所を快適にしています。